【愛知】未成年の自衛官「出会い求め、クラブ入りたくて…」“保険証”生年月日書き換え偽造 停職処分

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00003837-tokaiv-l23
東海テレビ 6/25(月) 18:54配信

 陸上自衛隊守山駐屯地の19歳の男性隊員が、「自衛官診療証」を偽装したなどとして停職処分を受けました。未成年では入れない「クラブ」に入店するため偽造していました。

 守山駐屯地にある第10後方支援連隊の男性陸士長(19)は、去年7月、自衛官の「保険証」にあたる「自衛官診療証」をスキャンし、生年月日をパソコンを使って偽造しました。

 そして未成年が入ることができない名古屋市内の「クラブ」に入店する際、偽造した「診療証」を使いました。

 不審に思ったクラブの店員が警察に通報し、陸士長は有印公文書偽造容疑で検挙されました。

 陸士長は「出会いを求め、クラブで遊びたい気持ちがあった」と話していて停職4日の処分を受けました。陸士長は依願退職する予定です。