【福岡ネット殺人】逮捕された男、出頭直前にネットで「お前らへの返答だ。『こんなことになるとは思わなかった』なんてほざくなよ」★5

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180625/k10011494661000.html

24日夜、福岡市で、IT関係のセミナーの講師がナイフで刺されて死亡した事件で、殺人などの疑いで逮捕された男は
講師の背中や胸などを何度も刺したことが警察への取材でわかりました。警察は、インターネット上のトラブルが動機と見て、
いきさつを調べています。

24日午後8時ごろ、福岡市中央区にある企業の創業支援施設で、IT関係のセミナーの講師を務めた東京・江東区の会社員、
岡本顕一郎さん(41)が、セミナーの終了後、トイレで男にナイフで刺され死亡しました。

警察は、交番に出頭した福岡市東区の無職、松本英光容疑者(42)を殺人などの疑いで逮捕しました。

調べに対し容疑を認め、「ネット上で恨んでいた。死なせてやろうと思った」などと供述しているということです。

警察によりますと、松本容疑者は会場の施設で岡本さんを待ち伏せし、背中や胸、首などを何度も刺したということです。

その後、松本容疑者が出頭した直前、インターネット上に、「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&
封殺してきたお前らへの返答だ。『こんなことになるとは思わなかった』なんてほざくなよ。これから近所の交番に自首して
俺自身の責任をとってくるわ」などと書き込まれているのが見つかりました。

警察は、松本容疑者が書いたものか確認を急ぐとともに、インターネット上のトラブルが動機と見て、いきさつを調べています。

岡本さんは、インターネットセキュリティーの専門家で、各地のセミナーなどで講師をしていました。

■「ネットウォッチャー」の1人

岡本顕一郎さんは、インターネットで「Hagex」という名前でブログを運営し、この中でネットの匿名掲示板やソーシャルメディアでの
トラブルなどをいち早く紹介したり、わかりやすく解説したりする、いわゆる「ネットウォッチャー」の1人として知られていました。

事件について岡本さんのブログの読者だったという人たちからツイッターには、「インターネットの楽しみ方のほとんどはHagexさんの
影響を受けているといっても過言ではないので今回の事件のことは本当に悲しい」とか「ユーモアがあって愛もあっていつも楽しみに読んでいた」
「これからいろいろ予定していたろうに、無念でしょうね」といった惜しむコメントが相次いで寄せられていました。

また、投資家で、岡本さんの知人の山本一郎さんは自身のブログの中で岡本さんについて、「仕事やウォッチにおける彼の姿勢は
真摯(しんし)で、ひよることもなかったし、興味のあることとないことがはっきりとしていて、人づきあいも彼なりに絞っていたように感じます」
「惜しい人を亡くしたという惜別の念より、痛恨の思いのほうが強い。やりたいことも、やり残したことも多かったろうに」と述べています。


前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529910062/
1が建った時刻:2018/06/25(月) 12:46:30.58