【愛知】鑑定留置中に病院から逃走男(57)「両親の墓参りにいくためだった」 名古屋

今年5月に精神鑑定のため留置されていた名古屋市守山区の「東尾張病院」から逃走したとして逮捕された住居不定、無職・小倉泰裕容疑者(57)が25日、逃走の疑いで書類送検されました。

 小倉容疑者はタクシーや公共交通機関を使って逃走し、約22時間後に確保されましたが、調べに対し容疑を認めた上で、「両親の墓参りに行くためだった」と話しているということです。

 小倉容疑者は鑑定留置のきっかけとなった元妻の自宅に放火しようとした罪ですでに起訴されていました。

6/25(月) 17:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010002-ctv-l23