【豪州】ペンギン6羽撲殺の男に社会奉仕活動の刑、野鳥保護団体が「全く抑止力になり得ない」と非難 

ペンギン6羽撲殺の男に社会奉仕活動の刑、保護団体が非難 豪

【6月25日 AFP】オーストラリア・タスマニア(Tasmania)州の裁判所は25日、コガタペンギン6羽を棒で殴って殺した罪で有罪と認められた男に49時間の社会奉仕活動を命じ、自然保護団体から非難が殺到している。

 ジョシュア・ジェフリー(Joshua Jeffrey)被告(20)は2016年、同州ソルファークリーク(Sulphur Creek)の海岸で他の2人と共に酒を飲み、酔った状態でペンギンを殴り殺したとして、加重動物虐待で有罪との判断が下っていた。

 地元マーキュリー(Mercury)紙は、同州バーニー(Burnie)治安判事裁判所のタマラ・ジャゴ(Tamara Jago)判事が「か弱いペンギン」に対する「無情な行為」であり、ジェフリー被告が改悛(かいしゅん)の情を示していないと指摘したと報じた。

 同紙によると、ジャゴ判事は被告の「知的限界を考慮」し、社会奉仕活動と訴訟費用82.15豪ドル(約6700円)の支払いを命令。
 これに対し地元野鳥保護団体「バードライフ・タスマニア(Birdlife Tasmania)」は、「全くもって抑止力になり得ない」と非難した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFPBB News 2018年6月25日 17:52 発信地:シドニー/オーストラリア
http://www.afpbb.com/articles/-/3179910