【大雨】土砂が流れ込み60代の夫婦が取り残された北九州市の住宅から心肺停止の女性を発見。夫は既に死亡確認

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180709/k10011524091000.html

今月6日、北九州市で、大雨で崩れた土砂が流れ込み60代の夫婦が取り残された住宅から、
9日朝、女性1人が心肺停止の状態で見つかりました。夫は8日、見つかり死亡が確認されていて、
警察は、9日朝、見つかったのは妻とみて確認を進めています。

今月6日の朝、北九州市門司区奥田の住宅に大雨で崩れた大量の土砂が流れ込み、
取り残された60代の夫婦と連絡が取れなくなりました。

夫の西邑一雄さん(68)は8日、住宅の1階で見つかり死亡が確認され、9日午前6時半すぎに、
女性1人が心肺停止の状態で見つかりました。

警察は、西邑さんの妻とみて確認を進めています。

現場は、JR門司駅から東に2キロ余りの山の斜面やふもとに住宅が建ち並ぶ地域で、
土砂崩れが起きた当時、土砂災害警戒情報が出されていました。