【山口敬之/準強姦揉み消し問題】日本の性暴力はアメリカでどう受け止められているのか【北村滋/中村格】[03/24]

『日本の性暴力はアメリカでどう受け止められているのか??あまりに貧弱な日本の救済制度』

TBSの元ワシントン支局長からの性暴力を告発したジャーナリスト、伊藤詩織さん(28)が3月中旬、ニューヨークの国連本部で開かれた女性地位委員会(CSW)に参加し、国連記者協会(UNCA)が主催した記者会見で日本の国外で初の記者会見を行った(元支局長は不起訴処分が決定)。

CSW関連イベントに参加したニューヨーク市司法当局者は、伊藤さんの証言を聞いて、「強姦や性暴力に対する法律は、ニューヨーク市が(日本より)ずっと進んでいる」と指摘した。

記者会見とイベントで伊藤さんは、被害に遭った当時、東京で性暴力被害者を支援する非営利法人(NPO)がたった一人で運営されていたこと、病院の女医にモーニングアフターピルを頼んだところ「いつ失敗しちゃったの?」と聞かれて、何が起きたのかも聞いてもらえなかったこと、人形を相手に事件を再現するところを複数の警察官が撮影した事実などを述べた。被害者である上に、こうした性犯罪が起きた際の日本の救済システムが貧弱な状況であることを話し、こう訴えた。

「どうか、想像してみてください。あなたの愛する人が、いつそういう目に遭うかわからない。このプロセスは変えなくてはなりません」

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(本部東京)がニューヨークで3月16日に開催した、CSW関連イベント「#MeTooからの新たな挑戦 声をあげた人を守ろう&社会意識を変えよう」には、100人以上の聴衆が詰めかけ、立ち見が出た。

(以降ソースにて)

2018.3.24.11:00ごろ
https://www.businessinsider.jp/post-164340