【将棋】藤井聡太七段らの偽サイン販売、派遣社員の被告(44)に有罪判決 裁判官は「購入者の信頼と期待を裏切る点で悪質な犯行だ」

将棋・藤井聡太七段らの偽サイン販売、被告に有罪判決
2018年7月12日18時17分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL7D52X2L7DOIPE01F.html

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180706001181_comm.jpg

将棋の高校生棋士藤井聡太七段(15)らの偽のサイン色紙を売ったとして、詐欺罪に問われた東京都文京区、派遣社員富岡恵美子被告(44)の判決が12日、名古屋地裁であった。田辺三保子裁判官は、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。

判決によると、富岡被告は昨年8~11月、フリーマーケットアプリ上で藤井七段と体操選手の村上茉愛さん(21)の偽のサイン色紙を「直筆サイン」などと偽り、利用者2人に計約9千円で販売した。
田辺裁判官は「被害額は高額ではないが、購入者の信頼と期待を裏切る点で悪質な犯行だ」と量刑理由を述べた。