【自民】石破氏が「生産性ない」発言を連日批判 総裁選みすえ世論に訴える狙い?

自民党杉田水脈(みお)衆院議員が月刊誌で、同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと主張した問題で、同党の石破茂元幹事長が批判を続けている。石破氏は秋の党総裁選に出馬する構えで、世論に訴える狙いもありそうだ。

 兵庫県豊岡市で28日にあった講演会。石破氏は「日本人の8%がLGBT」と述べ、「生産性がないなんて言ってはいけない。それが許されるようでは、自民党の多様性、懐が深いとは言わない。人の気持ちを傷つけて、平然としているような自民党であってほしいと思っていない」と述べ、杉田氏を批判した。

 石破氏は27日の愛知県豊田市での講演でも「心ないことを自民党は許してはならない。それは間違っているという自民党でなければならない」と指摘。総裁選を見すえ、「あるべき自民党の姿」を訴えている。

 杉田氏の主張をめぐり、自民党二階俊博幹事長は記者会見で「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観もある」と述べ、問題視しない考えを示したが、27日夜には、東京の自民党本部前で大規模な抗議活動が行われるなど、杉田氏への批判は広がっている。

2018年7月29日17時09分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL7Y5GN3L7YUTFK007.html